はしり書き 2011年4月

4月26日(火)
コミュニケーションですよ

一方向のものはそう呼ばない。

対象の反応があって初めて成り立つわけだ。反応がどうなるかを全く考えずに一方的にぶち当てるものは、コミュニケーションというものとはほど遠い。場合によっては対象にとってむしろノイズ。よく使われる「会話のキャッチボール」とはとても言い得ている喩えだと思う。相手が受けられる場所に、受けられる球威で投げ合うことを続けるんだ。

それに個人的な嗜好だけじゃない。コミュニケーションを許容する範囲の基準は、場を取り巻く環境やルールによって多少の幅を持つ。相手が受け取ることが出来るかを考えるのと併せて、その辺が読むべき「空気」ってやつかと思ってんの。

まぁなんていうか反面教師じゃないけど、とりあえず、自分はこんなことして人を困らせるようなことしないようにせにゃーにゃー、というひとつのサンプルとして消化することにする。

4月25日(月)
ばじり子かわいいよばじり子

週末にバジルの種、撒いてん。

無印良品週間なので、調子に乗ってバジルの栽培セットを買ってみたん。ただ育てるのもアレなので、せっかくだから観察日記つけることにしたん。んで、日記の名前を考えていたはずが、うっかりバジル自身に名前つけた形になってしもたん。その名も「ばじり子」。

手持ちブログでわざわざ構築せんでもなんかアリモノで試そうと思って、Posterous使うことにしたん。iPhoneで写真撮るなりメールで即投稿できるし、シンプルだし。画像のサイズがまんま行けたり、TwitterやらFacebookに自動投稿できるし。これはらくちんでありがたいわー。

それにしても、ばじり子て名前つけたら途端に愛着がわいてきてヤバい。名前ってたいせつね、特別なものなのね。ばじり子かわいいよばじり子。ちゃんと発芽して元気に育ちますように。

4月22日(金)
遠くへ

最近、Nike+使ってまた朝に歩いてる。

どうも個人的には8km(もしくは1時間10分)の壁があって、そこを超えると疲労感がハンパなくアップする。今日もうっかりやってもうたのでもうなんか1日中ぐったりしてる。あとすごくおなか空いて困る。

やったことのある回数など知れているので、開始して以来これまででようやく150kmほどなのだけれども、考えてみると150kmとかすごい。どこまで行けちゃうんだろう。まさに塵も積もれば山となるというやつで、結果があからさまに日々加算されて行く数値だもんなー。しかもゲーム以上にリアルというか、実際に自分の足で歩いて(また走って)積み上がるうえに、数値の規模感が想像できたりなので(大阪から東京までの距離!とか)、感慨もひとしお。

やー、がんばろ。健康になろ。

4月21日(木)
仕入れなど

直接の材料として「モノ」を仕入れるのは初だ。

本業のWebに限っていえば形あるモノが直接の材料になるってないので(サーバとかはさておき)、今回のお仕事はなんだかとても不思議な気分。こんな機会を得られることになろうとは半年前にはちっとも思いつきもしなかったなぁ。

可能性は無限というか、自分がやれることならっていうのが今。そういうフレキシブルなやり方が出来るのはフリーならではね。フリーというだけはある。これで稼げるようになったら文句ないんだけどね。それはここからのがんばり次第すなー。とりあえずがんばれあわゆき。

4月19日(火)
気に入りすぎたので今日も書くけど

WebRelease 2.5がマジでイイ。

昨日夕方からWRを持っているお知り合いのところのやつをちょっといじらせてもらってるんだけど、これはヤバい。コンポーネントとかメソッドとかセレクタとかが入って開発者にも運用者にも格段にうれしいことになってる。そのぶん多少構造が複雑化してはいるので、扱いようによってはデスマ確実なんだけど...、開発側がきちんと理解して使うことができれば、これは最強。パッケージ自体やインフラに対するコストって嫌われがちだけど、きちんと設計すればものすごく効率的に構築できるし、使う側にとってもずいぶんとよくなっているので、WR導入しても充分元は取れると思うよ。

で、その辺もよかったんだけど、更にいうと「細かすぎて伝わらない追加機能」がツボ過ぎる。本っ当に細かいところなんだけど、唸りながら新機能ハンティングしてうはうはしてる。

驚くべきはこれだけパワーアップしたのにとっ散らからずにきちんとまとまっているところ。あたしが知っている2.2後半以降からだけでも段階的にいろいろ搭載されてきたけど、おおもとの設計からほぼ外れてないから非常に気持ちいい。さすがだなぁ。

4月18日(月)
WebRelease 2.5 出たね

WebRelease 2 のバージョン2.50が今日出たらしい。

前々から元上司に話を聞いていて、かなり強化されるらしいっていうのでけっこう楽しみに待ってたん。サイトに新機能についてまだ載ってないんだけど気になるなー。

とはいえフリーだと下請ける以外にWR2をやることはあまりないのだけれど、やはり馴染みがあるのと底力あるのとでやっぱり好きなんすわ。いじれる案件があるといいんだけどなー。WR2で運用中のサイトのちょこちょこっとした調査とか修正とか得意ですよ。よかったらぜひお声かけください(誰)。

4月14日(木)
夢見るファッショニスタやん?

カナバンのやんやんマチコを教えてもらったら何かすっかりハマってしまってマチコ口調になってしまいそうやん?だってかわいいやん?夢見るハタチのオトメやん?

それだけやねんな。いやー、春やわぁ。

4月11日(月)
いくつになっても

先週コーディングしていたサイトが公開されたん。

いくつになっても、いくつ作っても、自分が制作に関わったものが世の中に出るのはほんとうに喜びがあるなぁとしみじみ。規模の大小に関わらず、難易度の高低に関わらず、うれしいものはうれしい。そのへんがこの仕事を始められて続けられる原動力なんだと思うん。

落描きするのもごはん作るのもおなじなんだけどね。自分の手が入ったものへの愛着とそれに対するレスポンス。完成させる達成感だけじゃなくて、よろこんでくれる人がいるからやれるんだな。人と人とのつながりがあって生きられていると思いますありがとう。

4月 8日(金)
ゴーゴゴー

趣味的に手許でいじっているものはさておき、仕事として初めてHTML5でコード書いたん。構成自体は非常にシンプルなものだったりaudio絡みもあったので、実戦ウォーミングアップとしてはちょうどよかった気がするん。

その一方、自分の中で噛み砕くにつれ、マークアップする要素について軽い悩みががが。納めた後お客さん自らが手動更新するらしいの。それを考えると、この括りをarticleとしておいていいのんか...とか。今のところの文脈だとこのブロックはaside的だけど、逸脱する可能性あるな...とか。
HTMLがあまり分からない方の場合には、マークアップで文書的な意味合いをタグづけて、さらにスタイリングも考えて...いうのは恐らく非常に難しい。そういった時に初期構築の段階でむやみにブロックごとの文書的な意味を定めきってしまうのは得策ではないんじゃないか、と。sectionにすりゃいいって問題でもない。文脈に沿わないならむしろdivで行くべきじゃないか。

まあ、ふだんの案件だと設計をもう少し詰められたりフォローアップもしやすいんだけど。でも今後もこの辺のポリシーは決めないとなと思った次第。たぶんCMSに入れる時にもちょっとぶち当たるがする。いやあ、いい経験だったわ今回。

4月 7日(木)
いろいろアクション

ちょっとコーディングのお手伝いをしている。これもそれなりに3.11からの世の中の動きに絡んでいるらしい。音源を載せる必要があるので、もにょもにょ調べながらjQueryのライブラリで何とかしようとしているもののドキュメントが英語でゴフゥ。でもどうにか読んでるよがんばってるよ。「必要に迫られる」ってものすごく有効な成長の機会です本当にありがとうございますゴフフフゥ。

そういえば楽曲の再生というと、今朝がた「ずっとウソだった」の弾き語り映像がYouTubeで出回っていて、しかし速攻で削除されてしまったのもあったな。音楽な人たちの様々なアクションや意見表明やそれにまつわるエトセトラが一気に垣間見られている感じ。

いずれの立場にせよ、思いにせよ、声を上げること・表情を見せることはものすごくだいじだ。需要がなければ生産・供給へのアクションには至らないだろうて。ただ、自分以外に共有するということは、そこに発信者の責任は自ずとついて回るので、そこまで考えて自分のアクションを選べる人間でいたいとは思う。ます。

4月 6日(水)
コンテキスト的なことをふと

Webはデジタルだからみたいな話を見てふと。

ワールドワイドウェッブのしくみ自体はデジタルなことなんだけれども、これがサイトとかWebから流れている情報そのものという話になってくるとすこし違ってくると思ってるの。作成者や対象が人であれば、発信したり受け取ったり理解する経路に必ず人の脳みそが入ってくるわけで、それは他ならぬアナログではないかと。

まあ文脈だよね、見方だよね、立ち位置だよね。ものの意味って。一義にはならない。その辺の捉え方が客観性を欠いてくる(主観・感情が入りはじめる)と、ぶれはじめる。発信者の意図と受け取った人の印象がずれてくる。多かれ少なかれ必ずズレる。

ズレを最小限に抑えるにはやはりきちんとしたコンテキストの指定が必要であったりするわけね。などなどと思いながら、並行してHTML5をもちゃもちゃ考えたりしていてちょっと心の中でリンクしたのでね。はい、仕事します。

4月 4日(月)
21世紀の日常

未来はきたかしら。旧きを温められているかしら。

先日Twitterで流れてきた写真の中に、RE DESIGN--日常の21世紀があった。あたしも持ってんだな、これ。

この本があたしの手元に来た経緯などを思い出してみると、色々しみじみと胸中にこみ上げてくるものがある。それはもう8年も前になるし、ややもすると日常に埋もれかけるけれども、これは死ぬまで捨てることが出来ない大切な本なのだな。この歳月を振り返りつつ、自分の今を見つめつつ、未来を想いつつ。あぁ、きちんとしなきゃ。

4月 1日(金)

新年度開始。そして2011年の1/4終了。

なんにしたって昨日の今日で明日も来るし。日々それなりに生きてるよ。今年度もよろしくお願いいたします。

さあ、新年度で始まったNHK教育の新番組「デザインあ」ちょうどお茶休憩に合わせて見てみたん。...何これ素敵。すごく心地よい。音の気持ちよさと画面の気持ちよさでさらーっと。そしてはっとするコトバ。脳みそがマッサージされてるみたいよ。気に入った!これは金曜の夕方(15:45)に見るのがよいと思うよ!

深澤直人さんの「みんながやってしまうことを考える」という話が印象的だったよー。

アバウトこのブログ

awayuki.netというWebサイトを作っている進捗記録や、その他とりとめのない雑感を書き記している日報です。