青色申告に向けての手続きと、とりあえず気をつけておくこと

青色申告、じんわり調べたり準備したりしています(ひっそり息切れ気味)。

もろもろのことはこれからも書き進めていこうと思うんだけど、確定申告を青色にするにあたり、まずスタート地点でやらないといけないことや気をつけておくといい(気をつけておいたらよかった)最低限のことだけ先に残しておこうと思います。

開業したら:まずは税務署へ

開業したら(青色申告を始めようと思ったら)、まずは自分の納税地を所轄する税務署に、開業届と青色申告の承認申請の手続きをしに行きます(またはいずれも郵送で手続き可能です)。双方の提出期限を鑑みて、開業した日から1ヶ月以内にまとめて済ませてしまうのがいいと思います。印鑑と身分証明書を持っていきましょう。

個人事業主の開業届:開業から1ヶ月以内

新たに事業を開始したり、新設・増設・移転・廃止した時に届け出るものです。提出期限は原則開業した日から1ヶ月以内です。

「個人事業の開廃業等届出書」を税務署の窓口に直接持っていくか、郵送します。書類のフォーマット(PDF)は下記の国税庁のサイトからダウンロードできます。または、税務署にも置いてあるので、そこで直接書き込んで提出することも出来ます(印鑑を忘れずに)。

所得税の青色申告承認申請:3月15日まで、または開業から2ヶ月以内

確定申告を青色申告にするためには、予め税務署に届け出して承認を受けることが必要です。これから開業する人は開業日から2ヶ月以内が申請期限です。既に過去に開業してしまった人は確定申告の対象にする年の3月15日までに。

「所得税の青色申告承認申請書」を税務署の窓口に直接持っていくか、郵送します。フォーマットは下記の国税庁のサイトからダウンロードできます。または、これも税務署に書類が置いてあるので、そこで直接書き込んで提出することも出来ます。

これら書類に関しては、記載する事項でよく分からないところもあるかと思いますので、窓口で素直に聞いてやってしまうのがいちばん良いと思います。税務署の方は、けっこう優しく教えてくれます。

事業用の銀行口座を用意

これは義務ではありません。ただ、業務用に専用の口座を作っておくと、帳簿を付ける時の作業が楽になります。また、万が一税務調査が入った時にプライベートな経済状態まで丸見えになってしまうので(場合によっては不利になることもあるらしい)、分けておいた方がよさそうです。

口座を作る銀行を選ぶ際には、こんなことも加味するといいかと思います。

ダイレクトバンキングができる

通帳記入をいちいちしにいかなくてもお金の出入りがリアルタイムで分かりやすいです。
また、取引記録をCSVなどでダウンロードできるものだとよいらしいです。記帳する時によいみたい。
@ontheheadさんから教えていただきました)

振替・振込手数料を考慮

自分の生活費用の口座とのお金のやり取りに手数料がかからないものがよいかもしれません。
みずほ銀行のみずほマイレージクラブや三菱東京UFJ銀行のメインバンク プラスなどでは、預金残高や同時申し込みしたクレジットカードの利用に応じて手数料の優遇がつくオプションもあります。特にクレジットカードについては業務用ということで新しく1枚持っておいても損はないかと思うので、割とおすすめです(ただし、信販の実績によってはクレジットカードの審査が通らない場合もあるので、その点は予めご注意を)。
また、毎月のように支払をいただいているようなお客さんがあって、そこからの振込で手数料分が引かれてしまうなどあれば、そのあたりも考慮してみるのもよいかも...微々たるものですが。

レシート・領収書はとにかく残しておく

何かを買った/支払いした時のレシート・領収書はとにかく取っておきましょう。要らなければあとから捨てればいいです。ない方が悔しい思いをします。

ふだんレシートや領収書が発行されないような買い物・支払いについても、発行することが可能か普段からちょっと考えておくのがよいかと思います。発行されないものでも、「出金伝票」というものを自分で発行することで代えられるものもあるので、お金を使った記録は曖昧にせずに出来るだけ残しておくとよいかと思います。

個人的なものも、とりあえずは残しておいて

きちんと勉強をして帳簿を付け始める前はとりあえず全部取っておいた方がいいです。たとえば病院にかかった時のレシートなど、きわめて個人的なことですがこれも取っておいてください。こと医療費に関しては課税対象から控除になる可能性があったります。厳密な要・不要については後々学習するとして、とりあえず全部取っておけば間違いないわけですから。

レシート・領収書をお財布にためておくTips

レシート・領収書は財布に入れる時点で日付順になるように、常に同じ場所に一定方向で入れていくのがオススメ'u'/
これは @takahashitakash さんから教えてもらったTipsです。シンプルですが、ぐちゃぐちゃになったレシートの山を整理するのは意外と骨の折れる作業なので、これはぜひぜひ。

今すぐ申告ではなくても!青色申告の本と会計ソフト

青色申告を自分でやろうとしている人は、本を1冊と会計ソフトを購入することをお勧めします。あわせても1万円ほどの出費ですが、これもレシート・領収書で経費にできますから。

意外と本が読みやすかった

これから届け出をして青色申告を始めようとする人は、最初の申告は来年の今頃。ずいぶんと先だと思ってしまいますが、日常のお金にまつわる扱いで、先に知っておいた方がいいことはそれなりにあります。漠然とした不安がなくなります。あたしはこれをさぼったおかげで色々しくじったなあと思うことがたくさんあるので、身を以てお勧めします。1冊くらい読んでおきましょう。税理士さんをお願いする予定の人でも、知っておいた方がいいことはかなりあるのではないかと思います。

ネットの情報で細切れに集めるよりは、ひとつの本のストーリーとして、まとめてひととおり読んでしまった方がずっとすーっと入ってきますよ。

この本、けっこう分かりやすかったです:日本一かんたん!フリーのための確定申告ガイド

こつこつ毎月処理するなら会計ソフトも早めに入手

まとめてすぐにできると思わない方がいいです。出来ることならせめて月単位ぐらいで記帳の処理が出来るのがベター。ちょっとずつ慣れるためにも、月ごと(または週ごと、日ごと)のルーチン業務として記帳を始めて見ましょう。青色申告用の会計ソフトは色々ありますが、ここはマジョリティに乗っかって弥生の青色申告などいかがでしょうか。Macユーザーですが、Windowsを入れて弥生を使っています。周りに使っている/いた人もかなり多いはずなので、何かあった時に気軽に相談できるメリットもありますよ。

税務署からのサポート、あれば積極的に受けましょう

あたしの所轄の税務署は尼崎税務署(兵庫県)ですが、開業した年は税務署からのサポートとして、年数回、無料で税理士さんに記帳の指導をしてもらえるというサービスがありました。バカなことに断ってしまったので大変後悔しているのです。
こういうものが公にある場合は積極的に利用した方がいいと思います。そんなに難しいお金のやり取りはしないし...と思っていても実際悩むところは出てきますよ。

blog comments powered by Disqus

アバウト ひきだし

日々のお仕事で覚えたことやら勉強したことやらをきちんとためていく(ことができたらいいなと願う)ブログです。

カテゴリーズ